');

2011年06月12日

脱原発100万人アクション

地震からちょうど3ヶ月。
この日はオーストラリア、スペイン、アメリカ、イタリアそしてフランスでは9都市。
世界のたくさんの国で同時にデモが行われた。

日本人は「NO!」と言う事に慣れていない。
デモというと引く人もいる。デモというと過激で警官とぶつかるなどと思ってしまう。

フランス人とは違ってそういう習慣がないからしょうがないと今までは言えた。
が、今回は”のどもと過ぎれば・・”という次元の話ではないと思う。

(しかしこう考えると私は本当に真逆の考え方を持った民族の間のハーフ(ダブル)だな〜)


閉ざされた島国と常に外から人が入ってくる大陸国はそりゃ違う。
人々の考え方は地理にすごく影響されるのだ。

日本人の意見を言わない所は私のバイブル、岡本太郎の「自分の中に毒を持て」では徳川三百年に続いた封建制度からきてると言っている。
武士は武士、豆腐やは豆腐や。。
そこから出ようとすると叩かれる。秩序を乱す。そして村八分となる。
       
      なるほどね。
      
      
私はむりやりデモや脱原発意見をおしつける気はない。
ただ個人レペルで何かしたいと思ってる人や原発は嫌なんだけど他のエネルギー代替案が無いとただNOとは言えないと考え込んでしまう。あとは原発嫌だけど、良くわからないからNOと言える立場じゃないと思ってる人がいる。
       
でもね、私が思うにはまじめすぎ。考えすぎ。今の状態は良くない。だから変えないといけない。
        
と思うならNOというのが第一歩なのではないかな。

私は音楽をやっている。音楽は暴力を使わずポジティブパワーで怒りや悲しみを表せる最高の手段なのだ。
だから何百年、何千年も前から冠婚葬祭には必ず音楽があった。


マイアバンドのパーカッションの駒澤れおは仲間と団体を作り太鼓オーケストラを作った。
今回の一番大きな収穫は今までど取り上げなかったマスコミが大手も含めて報道したこと!

演奏と心から叫ぶ姿、街の雑踏、右翼の罵声、色んな音と混ざりながらオーケストラは進んだ。
今までたくさんライブしてきたけどこんなに強いメッセージを心から叫んだのは初めて。どこよりも最高にリアルなライブがそこにあったのかもしれない。

iphone/image-20110613143737.pngiphone/image-20110613143558.pngiphone/image-20110613143626.png
我がジャンヌ・ダルク、エルナ姉さん!

iphone/image-20110613143519.png
れお

映像はこちら↓に載ってます!
http://kodomonomirai-orchestra.org/



「あなたの行う行動がほとんど無意味だとしてもそれでもあなたはそれをやらなければなりません。それは世界を変えるためではなくあなたが世界によって変えられないようにするためです。」マハトマ・ガンジー




2011年06月10日

Session with Arto Lindsay

PREMIUM LIVE Vol.4
マイア・バルー+アート・リンゼイ

サウンド&レコーディング・マガジン主催によるイベント"Premium Studio Live"は、(1)ミュージシャン同士の共演機会を創出したい (2)ライブという一回性が生み出す音楽の可能性を追求したい (3)それを高音質でレコーディング&配信したい......というコンセプトのもと、昨年よりスタートしました。


という事で雑誌、Sound &Recording の企画でアート・リンゼイとセッションする事になったのだ。
アート・リンゼイ、名前は知っていたが音楽はちゃんと聴いた事がなかった。
7年ぶりに来日した彼は3日前に渋谷Duoでライブだったから心の準備&予習という意味で観に行った。
すると、、わお!
こんなに宇宙的だったとは!
ノイズギターの上で淡々と歌い、いきなり曲は終わる。。
彼はコードを知らないのだ。あえて勉強しないのだ。すごい哲学だ!
だからギターで出すノイズはハーモニーでも音符でもない。
モダンでプリミティブだった。町の中で鼻歌を歌っている風景が見えた。
町中のいろんな音の中で自分のために歌ってるような。。
そして私はライブを観れば観るほどリハしなくても。。というか絶対リハしない方がいい!!と思ったね。
宇宙の中で惑星と惑星がぶつかる感じで、痛くするかなんか考えずただ感性に任せて突進することにした。

そして本番。
オーケストラが入れる素敵なスタジオの入りドーナッツとコーヒーを頂いてお互いの曲聴き合ったりしていたら自然発生的にセッションが始まった。
iphone/image-20110613143840.png

お客さんが入り録音開始。
意外な事にアートは曲順を決めていたりギターをチューニングしたりしてた!
でもよく考えると意外じゃないな、ここまで我が道を突き進み、スタイルを作り上げる人はまじめなはず。
でも少年な様な笑顔と目をしている素敵な人。
セッションはぶっ飛んだから客観性ゼロだけど、(危ない?)新しい扉を開いてくれた気がする。
お互いのアイデンティティを失わずお互いの世界を壊すという素敵なコラボだったと思う。
壊すというのは破壊っていう意味ではなく、自分では壊せない殻を壊してくれスパイスを注入してくれる事で自分の世界に新しい要素が入り更に発展させることができる。という感じだわ。自分がオープンでいられてお互いリスペクトといたづら心があれば。

とにかくもう二度とできない生モノだった!
出会えて良かった〜
サンレコの国崎さんに感謝ですね。
iphone/image-20110613143822.png iphone/image-20110613221142.png

2011年04月28日

photos!

Salvatore Adamo
5613011226_0405b17d75_m.jpeg
Jean-Michel Ribes (劇場ディレクター) et Maia
5613261669_64a254ac9d_m.jpg

Jane Birkin
5613387101_f2349aff4b_m.jpeg

ZAZ
5614760200_ea1cbf100c_m.jpeg

PIerre Barouh Francis Lai Nicole Croisille
5614015180_4956ed6b23_m.jpeg

Jun Miyake
5617019110_ec7a652aa8_m.jpeg

Satchie Noro
5613689230_69a36489e1_m.jpeg

Mieko Miyazaki
5616762745_c6ff995349_m.jpeg

Maia
5613289761_cc81a7d9ab_m.jpeg

Sanseverino
5614800500_3eaa59cbdf_m.jpeg

Camille et Jean-Michel Ribes
5616682955_31fc314b70_m.jpg

La caravane Passe
5616981273_3284dcb434_m.jpeg


tout le monde
5616975499_e1a83db3c0.jpeg

2011年03月27日

TSUNAMI et demain...

ここ数年ほとんど日本にいたのに、地震の時はもう一つの故郷のフランスにいました。

父にいきなり起こされて寝起きで見たニュース。忘れられない。。。そして忘れてはいけない。

なんて言ったらいいか、体の大事な部分が痛くなった。体の足でも頭でもなく"日本部分"が痛かった。
位置で言ったら心の位置なのでしょう。

そしてすぐに日本に帰らなくてはいけない!と思った。
母国が苦しんでいるのを肌で感じないといけない!と。
でも私はスーパーマンでも神様でもない。
遠く離れた土地、フランスでのニュースは地震と原発の被害を日に日に煽り、日本のニュースとのギャップを感じる。

無力さと悲しみや怒りで気持ちが沈没しかかったところ。。

下りてきた! 待てよ、フランスにこんな時におまえ居たのだ。
じゃ、日本ではできない事、こっちにいるからこそできる事やってみろよ!

とね、、
私ができることは音楽。

という事で早速シャンゼリゼにあるちょー人気劇場の社長に電話したら。
彼は日本が大好きという事もあり、そくOK!

そっから日本に住んだ事もある若手の映画監督、ギッチャン、そして数日後にはたまたまフランスにいた東京で活動してる仏歌手のスブリーム、スーパープロデューサーのマルタン・メソにエとチームを組み作戦会議を始める。

日に日に話は大きくなり、協力者も増え、こんなにも日本好きがいる事に心が温まる。
ピアノ屋さんも日本のためならと言ってただピアノを貸してくれ、ラジオの方々からも宣伝は任せてと電話あり、思い切って誘ってみた著名人たちも続々と手を差し出してくれる。そしてフランスに住んでいる日本人アーティストや学生達とも連絡を取り合う事になりすごい連帯意識を感じ、じわじわくる。

John Lennon の言葉のようにA dream you dream alone is only a dream,A dream you dream together is reality.」 一人で夢を見ていてもそれは夢でしかない、誰かと共に夢を見ればそれは現実だ。

こちらがライブ情報です。
これから出演者も増えます。
全世界にUSTREAM します。ちょうどその時間に見れなくても何日間かあとでも見れるようにします。
そして世界の130国にある470のフランス人学校で同時にライブ上映し、ネットで日本の赤十字に募金できるようになってます!


2011年02月21日

美空ひばり

HIBARI-7-DAYS-72dpi1-212x300.jpg
中村中ちゃんから素敵なお誘いを頂いたのだ。
美空ひばり23回忌7DAYS!!
彼女とは(中ちゃんね)TOKYO FMが開催したエイズがテーマのイベントで知り合った。
お互いなんだあいつ!?と同じにおいを感じたのだろう。きっとまた近いうちに会える気がしていた。

とっても魅力的なお誘いだが、、美空ひばりをあまり知らない私が出演していいのかいな?
と頭では思いつつ挑戦好きなマイアくんの体の中ではふつふつの炎が燃えだし始めていたのだ。(こういう時ふつふつって言うのかな?)

そして曲を決めるミーティング際、イベント全体のプロデューサーの豪さんが、「ひばりの佐渡情話を歌って欲しいな、、でも一番難しい歌だからな。。」と言って曲を聴かせてくれた。
一番難しい&民謡調 は私を燃えさせるキーワード。ひらけ〜ゴマ!なのだ。
さすがの豪さん、初対面だったのに完全見透かされた。。
ソロコーナーは佐渡情話以外にリンゴ追分と愛燦々が決定。

それからすぐにフランスへ渡ったからパリでチーズとパンを食っていたにも関わらずひたすら美空ひばりを練習する毎日。。
このミスマッチはわしの運命なのかもしれんな!

そして次から次へと増える曲、トリオで歌う曲やメドレーなど。。汗 汗 汗
(もう一人のゲストは中納良枝ちゃんに決定!!)

そして帰国。

同時にSARAVAH 東京のグランドオープンでピエール・バルー2days があったからまたもやミスマッチが続き私は一人リレーをする。

3日間のスケジュール: ピエールリハ→ひばりリハ→ピエール本番→ひばりリハ→ピエール本番→ひばり本番

ピエールのライブの通訳やコーラスとひばりの歌で何度か脳みそがひっくり返り、ピエールライブで歌ったオリジナル曲の歌詞が飛んだりして落ち込んだわい。。

が、いつまでも落ち込んでる間もなく翌日はひばりの本番だった。
会場はちょー素敵!スタッフプロい、良枝ちゃんかっちょすぎ、ソノダバンドナイスサポート、そしてなにより中ちゃんの進行も存在も本当に素晴らしかった!
私はかなり緊張したけど、お客さまの温かい拍手に救われたわ。
そして佐渡情話完全トランスしてしまった!!
最高に楽しい舞台だった!それは会場の皆さんも一緒だったはず。

iphone/image-20110313231406.pngiphone/image-20110313231357.png
じゃんけん娘!!!
iphone/image-20110313231349.png
with ソノダバンド

誘ってくれた中ちゃんに本当に感謝。
美空ひばりさんというとんでもない人を再発見できて感謝。
うまく説明できないけどとっても大事な事に気づかされた。
めるしー!

2011年02月10日

今年は。。

今年はフランスに多めにいます。
さらにジャンプするためにバネをまく時期。
気づけばライブ活動を始めてからほぼ10年が経ったのよね。
ちんどんがあり、和美とまやがあり、マイア・バルーbandがありライブしまくってきた。
ほぼ食べる事を忘れて走り続けてきた。
多分ライブを「やる」という興奮や緊張で(想像妊娠ではなく)想像満腹状態だったんだろうな。
でもとうとう空になった。完全空腹状態。
腹がへっては戦ができぬ!
ということでしばらく食べさせてちょ。
おなかいっぱいになったら、まずは消化して反芻して立派な美しい"うんこ"を出すわ、
こわいだろ!? ふふふ。。
私も何が出てくるか分からないから怖いけど、、楽しみだわ!
そして今のような何処に向かうか分からないふわふわ
した感じ嫌いじゃないかも。

ここ最近しっかり触れてなかったフランス文化に触れ、本を読み、ライブに行き、映画を鑑賞し、CDを「ちゃんと」聴き、人と再会したり出会ったり、お散歩して、旅もして、自由闊達に生きてみます。言い方変えれば真剣にスランプに挑戦なのだ!

では行ってきまーす&いただきまーす。

★要注意
ただしいきなり出現する可能性あり。

2011年01月30日

NINO ROTA

NHK BS の新しい番組「ミュージックガーデン」にゲスト出演した。

イタリアそして世界を代表する作曲家、NINO ROTA の生誕100年!!という事でNino Rotaとイタリアの特集だった。
Rota大好きな私にとっては素敵すぎる企画&お話ではあ〜りませんか!?
ピエール父ちゃんがフェリニー映画大好きだったからね、小さい時から無意識に聴いてたのよ〜

なんとも言えない哀愁、メランコリックさ、そしてユーモア、寛容さ、人間臭さ、、
まさに私のツボ!!

だから音楽活動を「ちんどん」で始めたのは偶然じゃないのだ。

ニノとサーカス、ちんどんはTHIS IS ITなのよ!
iphone/image-20110303093152.png

という事で私がvocalで出演のお話が来た後「ちんどんブラス金魚」にお話しがきたのだ。

他にルベルト・クピード, coba, 原朋直, プラネットスピリタ堀雅貴, 曽我大介, 東京フィルハーモニー交響楽団, 黒田安紀子, 【司会】塩谷哲, 笹本玲奈

というちょー豪華メンツ!

私はオーケストラ&笹本さんと"フニクリフニクラ"とRota作曲の"Dolce Vita" (甘い生活) & "トマトジュース乾杯"を歌った。
長丁場だったけどミュージシャンもスタッフもRotaの音楽も素晴らしくて楽しい収録でしたわい!

iphone/image-20110303101513.pngiphone/image-20110303093140.pngiphone/image-20110303093125.png

2010年12月19日

THEATER BROOK LIVE

今日は大好きなロック兄さん達と一緒!
そう、THEATER BROOKのオープニングアクトを勤めたのだ。
好きなバンドの前に会場を温めておくのは非常に楽しいのね、と気づいた。
そして不思議な感覚だった。
私を初めて観た人がほとんどだったはずなのにマイホームの用に居心地良かった。
まるで自分のライブだと錯覚するぐらい!
きっとシアターとは ジャンルは違ってもソールで繋がってる聞き手も繋がるのだなとかてに納得。。
私のジャンルはなんであろうが魂はロックだからね!分かってる??!

シアターのライブ中は舞台袖で踊りまくってたが我慢できなくなって後半は会場で踊ってたわ、
タイジ兄さんも絶好調でギターがびんびんきたぜ!
ツアーの最終日っていうのもあるだろうけど、バンドのサウンドもかなりまとまってて心地よくてトランスしたぜ。
新譜に入ってる「旅人と踊り子」でコーラス&フルートもできて大興奮のマイアちゃんでした。

最後にはアンコールの拍手が鳴り止まず感動。ステージに立つ者として自分が放ったパワーが聞き手のパワーでまた跳ね返ってくるこの瞬間すげーよ。
久々に本物のアンコールを見たよ。
いくら会場明るくしても帰らない人たちの前でタイジに呼び出され二人で挨拶。
そしてタイジは「こいつが売れないといけないのだ」という。

ありがとう!!

妹は頑張るよ!
素敵な先輩がいて幸せです!
iphone/image-20110128082214.png

iphone/image-20110128082200.png

2010年11月29日

PARCO劇場

101127_0145S-1.jpg 101127_0313-1.jpg101127_0244S-1.jpg101127_0218S-1.jpg

11/27、私の初ホールコンサートいらして下さった方々ありがとうございます。

いや〜劇場で歌うのも素晴らしいメンバーやお客さんとのセッションも全て思う存分楽しみました。

そして久々に本当に緊張しました。

(何人かには嘘だー!といわれるかも知れませんが本当です!特に1部ね)

でも出し切りましたよ、今の私の全てを!

パルコは私にとって大きな締めであり、始まりです。

更なる爆発のため来年は自分を"生む"のでお楽しみに〜
今はまだ足1っ本ほどしか出て来てないのだ。
iphone/image-20101129123920.png
マイア&熊谷和徳さん
iphone/image-20101129123926.png
渡辺亮&駒澤れお(@打ち上げ)

おまけに打ち上げでハッピーな酔っぱらい
iphone/image-20101129123933.png

清水やっちゃんとクリス!






2010年11月04日

シロとの出会い


シロとjwaveで出会った瞬間。
不思議なぐらい親しみが持てた。
1人の人間からこんなにパワーを出していいものかと思うわほどのエネルギー全開で、ポジティブ&自由オーラーが彼の全身から出ていた。
そのパワーに2日間接してるだけで心のメンテになった様なきがした。
まるで無意識に心に生えてきていたウロコが一枚、一枚落ちていく様な、、
なんて普段細かい事にとらわれているんだろう??と思ってしまうような、、

正直リズムはタイトじゃないし、決して”うまい”人ではないけど、
とにかく人間力なのだ!
何をするにも戸惑が無い格好よさ、遊び心、本能的な感覚などなど、、
たくさんの魅力がいっぱいで思いがけない所、でも一番大事なポイントでとっても得た物は大きかった。

音楽は人間だ!  という事。

そしてシロとはお互いにとって大事な人たちが一致していた。
それは Nana Vasconcelos, John Zorn, Lloyd McNeilだった!

まずは4年程前から仲良くしてるジョン・ゾーンはシロと20年近く演奏活動を共にしているのだ。
そして、シロの師匠であり仲間であるナナ・ヴァスコンセロスは父、ピエールがプロデュースしたアーティストの一人で、私も小さい頃かわいがってもらっていた。
そして何よりびっくりしたのはロイード・マックニールと昔ずっと活動していた事!
ロイードは全然無名だがNY在住の素晴らしいフルート奏者&ペインターのおじちゃん。
私は彼のCDをたまたま見つけて大好きになってNYまで会いに行ったのだ!

という事でまたもや偶然ではない出会いではあーりませんか!!

シロと引き合わせてくれたシャララのマリさん&田村さんに本当感謝です。

シロ!NYに会いに行くからまってろよー

iphone/image-20101105003112.png
@LIQUIDの楽屋
iphone/image-20101105003054.png
フィリピンバーのお姉さんみたいね、私。

↓こちらHENESSY のHP用に撮ったストリートセッション撮影の時。
iphone/image-20101105003048.png
iphone/image-20101105003037.png
iphone/image-20101105003031.png
iphone/image-20101105003042.png

そしてこちらが映像!!
http://www.hennessy-artistry.jp/
Maia Barouh
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。