');

2015年02月05日

英語の先生 イン ザ ストリート!

ここ最近久々に (13年ぶりに!)英語をまじめに勉強しようと思っていた。スカイプレッスン一度試したがなんだかスクリーンを通して知らない人の声が聞こえてくるのが気になり違うと思って、交換レッスンはどうかな〜と昨夜も悩んでいた。今朝、いつもの水曜日の様に市場に向かうと、道の途中で荷物をひいたお年寄りの男性が軟弱な声で「コーヒーを飲みたいのだが1ユーロー頂けないでしょうか?外で夜を過ごしたもので。。」という。イングリッシュアクセント!?わたしは「ごめんなさい、今細かいお金が無くて。。」というと彼は「あ、大丈夫です」と腰低くし、とことこと道を続けようと振り返る。
普段だったらそのまま買い物に向かっていたかもしれないがなんだか気になる存在&なまりだった。「あの、一緒に市場きませんか?お金くずすので」というと彼は恥ずかしそうに微笑みついてきました。
歩きながらどうしてこんな寒い中外で寝る状況になったのかと聞くと、英語の先生をしていたのだけれど、2年前に癌で奥さん、ルイーズが亡くなり明るく仕事ができなくなり全ての私物とアパートを売り出てきてしまったと。それからずっと外で暮らす日々。。
「そうなんですか〜と話を聞きながらも、え!英語の先生?」まだ寝ぼけていた私の脳みそにびびびっと電気が通った。
しかも昔横浜で一年教えてたらしい!そしてそして更にすごいのは先生になる前はミュージシャン&歌手をやっていたのだと!バンド名は“LEISURE PROCESS”。検索したらでてきちゃったのよ。それも歌ってる映像も!
彼の名は Ross Middleton.。という事で近所のカフェで明日から早速英語のレッスン始めるんだ〜ふふふん
https://www.youtube.com/watch?v=scpypxrPrVs


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。