');

2009年07月27日

FUJI ROCK BABY!

FUJI ROCK行って来ました〜〜!
初FUJIはすごい刺激的だった。

苗場に向かう所。
P2009_0725_143254.JPG

山道を登ってると急に猿が道路に出て来たのだ!っていう程山奥にセッティングされたこのフェスの凄さにびっくりした!
前のりして行ったので着いた日は遊ぶだけ。
苗場に着いてからアーティストパスを受け取るのにうろうろしていると清志郎バンドで演奏する梅津さん(sax)やナベさん(tp)、多田葉子達にばったり会ったりと早速楽しい!
そしてクリス・ペプラーご夫妻がいるグリーンステージにジョイントしてBEN HARPERを観に行った。P2009_0725_180916.JPG
急に雨が降り出してカモンカッパ!
P2009_0725_174711.JPG
格好良いわ〜ベンさん!
この後は清志郎スペシャル・メッセージ・オーケストラの出番。
ぞろぞろとアリの様に人が集まってきて始まる頃にはすげー人!前も後ろもみっちり。
P2009_0725_191649.JPG

すばらしいライブだった。
何万人の人が集まって一人のアーティストに愛とお別れと感謝を言いに一つになってるのはすごい感覚で、清志郎さんの事をほとんど知らなかった私も感動した。
演出もすばらしくてBRAVO!でした。
こんな愛に包まれたすばらしい舞台の後はお腹いっぱいだったけど、明日の下見をしに3人でアバロンステージを観に行ってからヘトヘトになりながら帰った。
アバロンではスエーデンのおもろいバンドのライブで盛り上がってた。
山道を歩きまくって良い運動したからぐっすり眠った。

そして今日は本番!
P2009_0726_182038.JPG
0726_maia_av0006-120x120-1.jpg0726_maia_av0008-120x120.jpg

マイアは雨女という噂があって心配していたがなんとかぎりぎりに止んでセーフ!
山に向かっておもいっきり吠えてきたぜ!
歌ってるとどんどんお客さんが増えて行って、楽しかった。
ライブ無事終了後Seun Kuti(Fela kuti)の息子のライブを観て、ひと踊りしてから東京に帰ってたのでした。

1泊2日だったのに1週間のツアー帰りの様な充実感と疲労感。

とにかくFUJI ROCK最高!来年も出たいぞ〜〜〜
P2009_0726_221024.JPG





2009年07月19日

残りにパリdays

今日はさすがにふぬけ状態でゾンビの様に家の中をふらふら歩いていた。
がパリで居られる日も少ないから遊ばないと!
まだ連絡できてなかったフランスのお友達に電話し始めた。
それからは小学校の同級生だった同じハーフの友達やjazzシンガーで医者の友人やチェリストでラッパーの男友達とお茶したりパリに住んでいた頃に一緒に芝居と演奏していた劇団、『アレフ』の新しい劇場に遊びに行ったり、ライブを観に行ったり、ショッピング行ったり、ピエールの仲間達と食事行ったりとノンストップに動き回った。

出発前の日にはパリで同居してる愛するロマネスク達とぷらぷらパリの町を歩いて人形作家のお友達のアトリエに遊びに行ってそのままfrancis et ses peintres達がビングバンドとライブしている会場、フローラルパークに5、6人のお友達と約束して行った。
日本に帰る前に彼らと会えて嬉しかった☆

P2009_0718_125539.JPG
とびとみやとマイア
P2009_0718_171908.JPG
フローラルパーク
P2009_0718_171505.JPG
jazzフェスで知り合ったヴォーカリストの親友達。

ライブ終わるとそのまま家に流る。
皆でご飯食べたあと夜中の1:00までギターを持って来て大セッション。
どんどん人も増えて行って、イタリア人、カナダ人、ドイツ人、とすごい国際的な夜に!
P2009_0718_210547.JPG





2009年07月14日

本番!

今日はフランス革命の日7/14。
であり我々の本番の日なのだ〜。
花火やパレードなどでパリ中心の道路がふさがれてて車で会場までたどりつくのが大変だった。
しかしなぜこの日と重なったのか!?
104(会場)に着くと巨大なスクリーンと舞台の設置をしていた。
リクライニングシートを500個並べていた。1000人は来るらしい!
P2009_0713_190007.JPG

我々は最終確認をするためにもう一度映像を見ながら通しリハをした。やつらは昨夜朝4時まで飲んでいたらしく特に格好つけのジルはへらへらしていた。笑
P2009_0713_190946.JPG

元気を付けるために皆で食べに行ってわしステーキを食べた!
よっしゃ〜〜
今晩が楽しみだ!

夜はこんな風に会場が変身!
20090714_220840.JPG
20090714_224001.JPG
20090714_224640.JPG
20090714_223654.JPG
本番はあっと言う間!
暗くなると同時に私とギターでduetしてから映画スターと。
とにかく楽しかった。
最後にはお客さんが皆ステージの周りに集まってきて良い雰囲気!
Francis et ses peintres(jazzバンド)とのステージのアイコンタクトも完璧だったし、
暗い中で演奏してるから不思議な感じ。
ヴォーカルなのに伴奏をするってなかなかない経験だったわ。
ピエールや来ていたお友達皆喜んでくれたのが嬉しかった。

それから会場は一気にダンスホールになって大音量でどんちゃんどんちゃんしだしたから
打ち上げに行って皆シャンパン飲みまくって疲れと酔いでふらふらになって帰った〜〜。



2009年07月13日

パリ3日目

今日は10:30集合。
さすがに疲れがたまってきた様だ。
でも皆あいかわらずアホな冗談言って盛り上げてくれるからいいわ。
P2009_0712_170632.JPG
リーダの鼻。

こうやって密にフランス人とリハした事無いからすごい新鮮。っていうか自分に合ってる。
100パーセント自分になってるもんね、

しかし一生のうちにこんなに何十回も溝口の映画を見るとは思わなかったわ、笑
最初見た時正直そんなにぐっと来なかったけどこうやって細かくシーンに音を合わせていく事で映像の中の景色や表情が豊かになっていく気がした。

終わってから男達はフェスが企画してるカクテルに行ったがわしはへとへとで明日は本番だし、帰った。
だけど、帰るとNYツアー&ロンドン公演から帰ってきたロマネスクの二人が居て遅い時間までぺちゃぺちゃ〜
だって楽しいんだもん!
ani1.gif

ロマネスク





2009年07月12日

パリ2日目

今日は朝11:00入り。

毎日リハしてるのは104。
本番もこのスペースに椅子や舞台を設置するのだ。素敵でしょ〜
P2009_0712_170526.JPG

まずはメンバーを紹介しようかしら。
ドラムとギターのクリストフとジル。
P2009_0713_190228.JPG
sax奏者のリーダー、フランソワともう一人日本人ヴォーカルで呼ばれたパリ在住のEMIKOさん。(Emikoさんとは実は15年ぶりの再会!サラヴァでデビューしたMami chanのバンドのドラマーで遊んでもらっていたのだ〜)
P2009_0713_190831.JPG

ベースのフレッド。
(写真がなかった。。)

この4人の男達は一緒にバンドもやってるし、皆すげーうまいからかなりグルーヴしてるし、おちゃらけてるし、良い感じでアホでまじめですごい居心地良い。
リハも楽しいからあっと言う間に時間が過ぎて、気がつくと21時とい毎日。

楽曲は映画のストーリーに合わせて彼らが選んだ曲は彼らのオリジナルのインストや私が提案した曲など。
(その中には偶然数日前に一緒にイベントをやったOKIさんの楽曲も入ってるのだ!)
まずは個別に練習してから細かく映画に合わせて練習していく。

Emikoさんと私はほぼ歌いっぱなし、
長崎の民謡からDonna summerのI feel loveや古いシャンソンや美しき天然やアイヌまで、すごい幅広いレパートリー。

今日はリハ終わってから皆で家の近所のバーのテラスで一杯。
ピエールも遊びに来た。
P2009_0712_204037.JPG

2009年07月11日

パリ初日

うお〜〜
今回は香港経由だったからすげー長旅。。
直行なら11時間ちょいで着くのに香港でも待たされて20時間近くかかったよ。。
ま、昨夜のUNITからクールダウンするのに調度良かったかも。
ライブの後、いつものゴールデン街「ソワレ」に行って朝まで仲間達と騒いだ後ほぼ寝ずに成田向かったからな、

パリ着いたのは朝6:30。
フェスの運転手が向かいにきてくれていた。やった☆
今回は"FESTIVAL PARIS CINEMA" パリ映画祭からの招待で来たのだ。
inconnu.jpg
プログラムのほとんどはパリ中の映画館で世界の映画が2週間にわたり上映されるのだけど、最終日の7/14だけ映画と生演奏”Cine concert"があってそのためにフランス人のjazz funkバンドにvocalとして呼ばれたのだ。
我々が伴奏する映画は溝口健二の「マリヤのお雪」。
最近cine concertがフランスではやってるらしい〜

バンドのリーダーが昨年cabaret Shinjukuを観て誘ってくれたのだ。
だからこういうコンセプトも初めてだしミュージシャン達と会うのもリーダー以外初めてでどうなる事やら、どきどき!

自宅に帰るとパリの猫のミトちゃんが迎えてくれた。
ピエール父ちゃんはぐーぐー寝ていた。
P2009_0720_094552.JPG

3時間ほど仮眠して今日から始まるアトリエ(合宿の様な集中リハ)に向かう。

他の皆は朝から集まってた。
着くと丁度お昼休みで皆さんにご挨拶。
そして20時くらいまで音合わせを始める。

詳しくはまた明日〜。




2009年07月10日

代官山UNIT


最高に楽しい夜だったわ。
お客さんの愛と熱をたくさん感じて調子にのって好き放題やったステージだったわん。
皆様に感謝じゃの〜。

さて、余韻に浸る間もなく明日はフランスに出発!
10日間行ってきます。
お仕事もしっかりしないといけないけど、久しぶりのパリだから遊ぶぞ!
P2009_0711_123958.JPG




2009年07月05日

久しぶりのEpizo~~

今日は浜松町のカラバッシュというアフリカンレストランでEPIZO LIVE!

自分のバンドには最近何度か参加してもらってるけどEpizo liveにフルートで参加するのは去年の夏以来だわ。

今回は豪華ゲスト!早坂沙知(sax) Ray(bass) 駒澤れお(percussion) マイア(flute)

リハも一度、3時間ばかりやったが本番は全てが変化するだろうな。。
譜面も何もなくEpizoが指揮者の様になって皆のパートを口頭で伝えていくやり方なのだ。
だからものすごい集中力を必要とする。でも自分にあってるみたいで結構楽しい。

本番はすげースリリングだったぜ、
一部は一人でやると言ってたのに急に舞台に呼ばれてフルート吹けと言われたのだけどその曲は1年前にやった以来一度も吹いてない曲だった〜〜ひゃ〜〜!マジか?!

でも吹いてるとだんだん思い出して最後の最後にメロディが浮かんで来たのだ。

リハした曲も本番形が変わって行くからすごいセッションに!
この感覚体が忘れかけてたわ、

しかしEpizoのプレイもエネルギーもすごいわ、本当に。
何かが下りて来てるに違いない!
P2009_0704_210013.JPG

これから東京に居るみたいなので是非一度Epizoサウンドに浸って欲しいわ!!



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。